他人に自分の意見を押し付けている無意識のうちに。

みんなが私を肯定してくれるかのように

 都会の女の子が憧れでいつも羨ましかった

キラキラしてて可愛くってお洒落で。

ライブハウスに入り浸ってるような女の子も都会の子が多かった。そういう子が好きだった

背伸びをしなくってもあの子達は届いてしまう私が背伸びをしなきゃ届かない全てのものに

いつまでたってもこんなんじゃダメなんだろうなあ